「Irino Sketch」のたねあかし
個人新聞「Irino Sketch」(イリノスケッチ)のたねあかしです。
http://irinosketch.blog72.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

アリロック!後編☆

かなり遅くなってしまいました。すみません!


ついに完結!?アリロック後編スタート☆


アリロックTシャツの背中部分はこんな感じになっています。
そう!今回の出演バンドや司会者、主催・協力企業がプリントされています。
(※バッジのことは前編をお読みください。)

CA3C02120001.jpg


OPENING ACTは-JANGA69-
2003年9月いわきで結成されたバンド。さわやかでパワフルなバンドでした☆
爽快感で気持ちいいー☆会場を一気に盛り上げていました!
OPENING ACTで緊張しそうなものなのに、堂々としたステージ!
見習わなくては!と思いました。
良い感じで、アリロックがスタートしましたよー♪



本編最初のユニットは、薄皮饅頭ズ ~第2章~。
箭内道彦さん、渡辺俊美さん、富沢タクさんのスペシャルユニット。
「福島に帰ったら○○する~♪」という感じのオリジナル曲で、○○の部分は3人おのおのの作詞。
笑いと共感もあって、楽しい時間でした☆
ついつい自分でも替え歌をしちゃいそうになります♪
さらに、お客さんをステージに上げちゃって、大サービス☆
そのお客さんもなかなか良い味出していて、素敵なコラボレーションでした☆
渡辺俊美さんの地元トークって、いつものソウルセットのライブじゃ聞けないし、
福島ネタ満載の貴重なライブでした☆



そして、トークはNO MUSIC, NO LIFE. トリオ。
ミュージシャンの憧れであり、音楽をより身近に感じるタワレコポスターは、
この3人がいなければ生まれなかった☆
そんな3人の制作の裏話が楽しく聞くことができました♪♪♪
意外だったのは、一度も3人では飲みに行ったことがない。と、いうこと。
その緊張感がよりよいクリエイティブを生み出すのかもしれませんね☆



カメラマンの平間至さん率いる、Cheap Purpleは、想像以上にすごいバンドでした☆
Deep Purpleのコピーバンドでありながらも、メンバー全員が自分のものにしていて、
圧倒されまくりのライブでした!!!
塩竃にはイカした永遠の少年がいるんだと感動☆いわきも負けていられませんね☆
ボーカルの直@坊さん、細身のスタイルでまさにロックでセクシー。
平間さんのパワフルなベースにもびっくりしました!!ほんと、素晴らしい♪♪♪
東京でのライブも観に行きたいです☆



Number the.は富沢タクさん率いるバンド。
富沢タクさんって若々しいけど大人の雰囲気で、かっこいい☆☆☆
年齢を知って、びっくり!!!まさに、アンチエイジング☆
富沢さんを見ていたら、いつまでも私も若々しくありたいと思いました。
そういうのって、女性に対して感じることが多いのかもしれないけど、
ギターを弾きながら歌う富沢さんを見ていたら、私もそういう40代になりたいって思いました。
富沢さんみたいなギターを弾けるようになりたいなあ☆遠い道のりかな。。。



羊毛とおはなは、"オアシスのような時間を奏でる、アコースティック・デュオ"
と、紹介されている通り、自然体で、やわらかい声とあたたかいギターの音色に引き込まれました☆
安定感だけでなく、安心感があって、透明感もある!独特の世界観を感じます。
心地よい時間が流れていて、もっと聴いていたかったです。
声質もあるでしょうが、おはなさんのような歌い方にもチャレンジしてみたいと思いました。
こういう音楽のイベントって、いろんなジャンルの歌声と曲に触れるので、勉強になります。



休憩が入って、J.A.M piano trio from SOIL & "PIMP"SESSIONSの演奏には
度肝を抜かれました!
3人の個性が光る演奏をしていながらも、リズムというか呼吸がぴったりで、
音楽魂がぶつかりあう、すごすぎるライブで、観客を魅了していました☆
すっごく盛り上がりました!!
ドラムのみどりんさんはいわき出身とのこと。地元の凱旋ライブということもあってか、
気合が入っていて、パワフルにドラムを叩く姿、かっこよすぎました☆
いわき出身のミュージシャンってたくさんいるんだなー☆しかも、実力派ミュージシャン!



いよいよ、アリロックも佳境に。TOKYO No.1 SOUL SETの登場!!
私にとっては、昨年4月のザンジバルナイト以来のSOUL SET。やっぱり素敵☆
渡辺俊美さんは富岡町出身なので、同じ双葉郡出身として親近感がありつつも、
クールなイメージだったのですが、地元のせいか、たくさんトーク☆
お姉さんに「20年やってきて良かったね。」と、言われてジーンときたというエピソードに
感動しました☆他にもいろいろなエピソードが聞けて、うれしかったー☆
音楽ももちろん「イノセントラブ」の時なんて、ノリノリでジャンプしてました☆
俊美さんのお子さんが音楽活動するそうなので、そちらも楽しみです♪



そして、大トリはいわき兄弟!!!
メンバーは、あんちゃん(富澤タク)、ちーにいちゃん(村杉蝉之介)、トシ坊(皆川猿時)☆
皆川猿時さんのご両親が一列目ど真ん中にいらしていて、やりづらいと言いながらも、
皆川さん、とばしてました☆(笑)。朗らかで仲の良いご家族なのだと実感しました☆
そして、ゆるい感じなのにメリハリのある3人の空気感、さすがです☆
歌とコントが融合した楽しい時間で、気がつけば、大トリの貫禄!!!
最後、出演者と観客が一つになった、「アンモナイト音頭」が頭から離れません☆
最高に楽しいフィナーレでした☆



今回、アリロックに参戦して、もっと福島に誇りを持とう!!と、決心しました☆
ずっと福島愛は持ち続けていましたが、音楽で福島愛を表現することを私もやってみたいと思いました♪
夏のライブには、わがバンド、スカーレットロビンも福島愛にあふれたオリジナル曲を披露したいものです。
もう、私の心の中にすでに温めてあるんですけどね。
実は、アリロックで福島ネタの歌を聴いていて、題材にしていないものがあったんです。
それをどうしても歌いたい!!!
オリジナル曲は初めてなので、ちゃんと作れるかなー♪


とにかく、アリロックからはたくさんのパワーをもらって、東京に戻ってきました☆
次回のアリロックも楽しみです♪♪♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 
 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 「Irino Sketch」のたねあかし, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。