「Irino Sketch」のたねあかし
個人新聞「Irino Sketch」(イリノスケッチ)のたねあかしです。
http://irinosketch.blog72.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

島尾敏雄「終戦後日記」

「新潮」8月号に、島尾敏雄の「終戦後日記」が載っていると、
ある人から教えてもらった。


新聞を取っていないし、書店にもときどきしか行かないので、
全然知らなかった。


さっそく買ってきて、その日の晩に読んだ。
今回が連載第1回で全12回予定らしい。


簡単には感想を言えないが、非常に面白かった。


漢字とカタカナで綴られていて読みにくいのだが、
そこここに島尾らしさが充溢している。


小説のように読まれることを前提としていないのに、
言葉が立体的に立ち上がってくるような感じは、
一体どうしてなのか?


ぼくは兄に教えられて、大学時代に島尾敏雄を知った。
それ以来の愛読者だが、日記といえども、未発表のものを
読む機会を得られるのはありがたい。


島尾の文体というのは、とても真似できない。
しかし、この「日記」には学ぶことが多かった。


島尾敏雄の故郷は小高である。
「日記」にも戦後まもなく小高に滞在したことが
書かれている。
おばあちゃんとゆきこと3人で、
島尾敏雄の墓参に行ったことを思い出した。

関連記事
 
 
 
Comment
 

おっ!

小高のホテルの近くにあるお墓?

NAME:キャズ | 2009.08.05(水) 08:45 | URL | [Edit]

 

キャズ♪

そうそう!
しおじの近く(笑)

NAME:いりの | 2009.08.05(水) 13:32 | URL | [Edit]

Comment Form


秘密にする

Trackback

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 「Irino Sketch」のたねあかし, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。