「Irino Sketch」のたねあかし
個人新聞「Irino Sketch」(イリノスケッチ)のたねあかしです。
http://irinosketch.blog72.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

意識をして生きていく

知らないことが本当の幸せなのか。
そんなわけがない。
人間には知る権利がある。
今まではその権利を行使することなく、のほほんと生活してきたけれど、
そんなことでは、権力者や富裕層の思うツボ。
インドのカースト制や北朝鮮の人権無視など、
日本人が他人事のように、哀れみの気持ちで過ごしてきたけれど、
日本もまさに同じことをしてる。
結局、権力者や富裕層のために庶民が犠牲になる。
そんなこと、先進国と言われている日本で起きていいのか。
本当の意味での先進国ではない。


今、ある方とやりとりをするようになった。
その人がおっしゃっていた。
日本の腐った部分を体質改善しないと
日本は三流国か四流国になり世界から相手にされない国
すなわち人も金も来なくなる国になると思ってます。
と。


私たちは子どものときに、何の疑いもなく成長することができた。
それはただ「知らなかった」だけなのかもしれない。
でも、こうして今、生きている。
なのに、今の「福島の子ら」だけでなく、もはや日本の子供たちは
数年後、病と闘いながら生きていかなければならないかもしれない。
だからこそ、みんなが意識を高く持って、知識を得ることが大切だと思う。
庶民がバカにされないように、意識を持って生きなければならない。
権力者や富裕層に利用されないためにも。


長いものにまかれたり、「誰か」に頼っているだけではだめだということ。
政府は必要最低限の最終的な判断をするだけだということだ。


ケネディ大統領の言葉。
「国があなたに何をしてくれるのかを問うのではなく
あなたが国のために何ができるのかと問おうではないか」
と。
関連記事
 
 
 
Comment

Comment Form


秘密にする

Trackback

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 「Irino Sketch」のたねあかし, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。